Fuji Trailhead

富士山写真

地図とコンパス

2014年05月29日 | Category - Trail Running

大抵のレースで必携装備品となっていて、最近の読図講習会はどこも盛況。

でも実際に地図(特に地形図)とコンパスを使っているトレイルランナーはほとんど見ません。

それはトレイルランナーやハイカーの意識が特別低いわけではなく、単純に“それほど必要ない”からだと思います。

本当に必要なら誰かに言われるまでもなく使うはずですから。

 

それでも基本的な地図とコンパスの使い方は最低限、知っていてほしい。

どうしても“読図”というとアカデミックで、どんどんマニアックな世界に突き進んでしまいがちですが、一般的なトレイルランニングやハイキングで必要なスキルって、もっとシンプルだと思います。

 

地形図にこだわる必要はないし、コンパスだって8方位がわかれば十分。

私自身、冬山とか沢に入る時は地形図を使いますが、普段は昭文社の山と高原地図。

細かく目盛りのついたプレートコンパスも、登山ガイドの研修会で使うくらいです。

 

難しい顔をして、等高線や針とにらめっこをするのではなく、給水や補給をするような感覚で、地図とコンパスをさっと確認できればカッコいい。

 

それはそうと今週末ははじめてのロゲイニング。

こちらは地図とコンパスを使いまくる“競技”。

その道の“帝王”柳下さんとペアを組んで・・・しかも12時間!

不安少しと楽しみいっぱい。

 

2014.5.29

現在コメントは受け付けておりません。

Calendar

2018年1月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Category

Archives

PAGE TOP